金融庁が豪雨被災者向け相談ダイヤルを開設しました。

金融庁が豪雨災害被災者等のために
7月13日から相談窓口を設置していますので
お知らせします。

金融庁の豪雨被災者向け相談窓口

「平成30年7月豪雨金融庁相談ダイヤル」の開設について(金融庁)

問い合わせ窓口の詳細は
上記ページから確認してください。

受付内容は
「当該豪雨に関連する金融機関等とのお取引に関してのお問合せ、ご相談」
とのことでです。

ちょっと日本語がややこしいですが、
豪雨の被害にあって金融機関に用事があるんだけど

  • どうやって話を持っていけばいいのか分からない、とか
  • 話がなかなか前に進まないけどどうすればいいか、とか
  • 取引先金融機関が複数あって、交渉の前に教えて欲しい事がある、とか

そういった相談が想定されます。

ちなみに金融機関の中には「保険会社」も含まれます。

基本的に、取引先金融機関への相談が先ですが
直接相談ができない、あるいは相談したくない
といった場合に活用すればいいかもしれません。

特に火災保険を販売している損保系保険会社は
対応が大変だとは思いますが、被災者はもっと大変です。

相談窓口の選択肢が増えることは望ましいことです。
こうした窓口は国民の税金で運営されていますので
遠慮せず、堂々と活用してくださいね。

以上、お知らせでした。

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です