ハピタスで西日本豪雨災害へポイント募金をしました。

西日本に甚大な被害をもたらした豪雨災害。

死者・行方不明者は200名を超え
豪雨災害としては平成最悪ともいわれ
今だに救助、復旧活動が進められています。

被害に会われた皆様、
こころよりお見舞い申し上げます。

少しでも役に立てばと思います、
ハピタス経由で災害募金をしました。

幸いにして被害に会わなかった方も
ご参考になればと思います。

災害募金の前に

災害募金にあたり、ちょっと前置きをしておきますね。

まず、必ずしもボランティアに参加したり
募金や義援金を供出しなければ
いけないわけではありません。

人は、普段の活動そのものに価値があります。

だから胸を張って「何もしない(普段のまま)」
という選択があっていいはずなのです。

それで普段の仕事や活動を健康的に
プロ意識を持ってこなせば
それで十分社会に貢献していると考えても
なんら問題はないと僕は思います。

その上で、個々人の判断で
募金やボランティアに参加されると
良いかと思います。

ハピタスによる災害募金窓口

7月13日からハピタスのポイントで
災害募金が出来るようになりました。

ハピタスにログインし、右上の
「ポイント交換」をクリックすると

最初にこの画面が現れますので、
ポイントで募金が可能です。

1ポイント1円換算で
Civic Force様への
西日本豪雨支援活動へのご寄付(指定寄付)
の扱いとなるようです。

こんな感じですぐに完了。

ちなみにCivic Forceの詳細は
こちらのサイトから確認できます。

公益社団法人 Civic Force

ハピタスを知らないという方は
こちらから詳細を確認できます。

紹介リンクになりますが
僕の活動費の一部になります。

よろしければご利用ください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ポイントで出来る災害募金窓口

募金はお金であってもポイントであっても
その価値は同じなわけですが
なぜかポイント募金の方が
心理的ハードルは低いと感じます。

それは、もともお金だったものが
ポイントバックという形で
「おまけ」のイメージで貯まっているからだと思います。

その出処は同じお金なのに
人間心理というのは不思議なものですね。

ポイントで災害募金を受け付けている
主な窓口をまとめてみました。

【Tポイント】平成30年7月豪雨緊急災害支援募金(Yahoo!基金)
【楽天スーパーポイント】平成30年7月西日本豪雨被害支援募金(楽天クラッチ募金)
【dポイント】平成30年7月豪雨災害支援募金(NTT docomo)
【Pontaポイント】「平成30年 7月豪雨」災害支援(Ponta特典交換)
【Gポイント】平成30年7月豪雨災害義援金 ポイント募金

西日本豪雨災害ポイント募金まとめ

普段どおり生活すること、仕事をすること自体が
社会への基本的な貢献ですので
募金や物理的支援は負担にならない範囲で
行えばいいと思います。

で、ポイントを利用すれば
さらに心理的ハードルは下がりますので
上手に活用してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も参考にしてください。

災害への備えとして知っておきたいお金のこと

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です