REXカードが還元率を改定。12月から1.75%→1.5%へ低下。REXカードLiteは変更なし。

固定費をクレカ払いにすれば
無意識な浪費をせずにクレカのポイント分、
節約ができます。

REXカードは還元率が高くてお勧めだったのですが、
残念ながら12月から還元率が改定されるようです。

結局、美味しいクレカはどれ?

REXカードは条件付きの年会費無料カードで、
ポイント還元率が1.75%と業界最高水準です。
それが、12月から還元率1.5%に改定されてしまいます。

ちょっと残念な話なのですが、
それでも高還元率なのは確かです。

ただ、無条件で年会費無料のREXカードLiteと比べると
必ず年間50万円以上利用する見込みのある方はいいですが
年50万円の利用があるかどうかわからない場合は、
無理にREXカードにする必要はなくなります。

以前、REXカード、REXカードLite、
およびリクルートカードプラスの3枚のカードについて
ポイント損益分岐点を分析した記事
損益分岐点グラフを改定して再掲します。

2015-08-14 17.12.28

今回のポイント還元率改定で、
REXカードはリクルートカードプラスを
常に下回ってしまい、完敗しています。

REXカードは現金に近いJデポで還元されるのが魅力で、
僕もREXカードを好んで使ってたのですが、
こうなるとリクルートカードプラスを検討しないわけには
いかないでしょうね。

結局、

  • 年間利用が27万円(月額約2.3万円)以下ならREXカードLite
  • 27万円(月額2.3万円)以上なら、リクルートカードプラス

がおトクだろうという結論になりました。

例えば子供のいる家族で
光熱費、通信費などの固定費が
月2.3万円以下というのは
相当ハードルが高いと思います。

となると、リクルートカードプラスが
断然有利となりますね。

リクルートカード公式サイト

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です