SBI証券が「つみたてNISA」の予約受付開始。早速やってみました。

こんにちは。林FP事務所の林です。

SBI証券が来年から始まる「つみたてNISA」の
予約受け付けを開始しました。

僕も早速手続きをしてみました。

つみたてNISAのおさらいや
つみたてNISAにはどんなファンドがあるのか?
等も交えて、お伝えしていきます。

え、
アイキャッチ画像が変って?

いや、ぱくたそで「NISA」を検索したら、
これが出てきたので…(笑)

資産構築メルマガ

つみたてNISAとは(おさらい)

つみたてNISAとは、来年2018年から始まる
新たな少額投資非課税制度で、名前の通り
「積み立てる」ことが特徴になっています。

毎年の新規投資枠は40万円しかありませんが、
その代わり、長期積立投資に馴染むよう、
20年間分の投資枠が用意されています。

最大投資枠は、40x20=800万円と、
従来のNISAに比べても、(120x5=600万円)
長期化と投資額の拡大が図られています。

ただ、このつみたてNISAは
従来のNISA(年間投資枠120万円)と併用はできず、
選択していずれかを利用する必要があります。

ただし、毎年でつみたてNISAと従来版NISAの
選択ができますので、

2017年は従来NISA、
2018年はつみたてNISA、
2019年はまた従来NISA、

という使い方もできなくはありません。
(かなり複雑で面倒になるとは思いますので
お勧めはできませんが…)

つみたてNISAについてより詳しくは
つみたてNISAのメリットとデメリットをまとめた
以下の記事も参考にしてください。

【保存版】2018年から始まるつみたてNISA、10のメリットとデメリット

2018年(平成30年)から始まるつみたてNISA(積立NISA)。 当ブログでも、読者に徐々に学んでもらおうと、つみたてNISAの記事を少しずつアップしています。 今回はつみ…

SBI証券が2018年のつみたてNISAの予約受付開始

ということで本題に戻りますが、大手ネット証券の一角、
SBI証券が2018年のつみたてNISAの予約を開始しました。

予約受け付けができるのは

  • SBI証券にマイナンバー登録済
  • 2018年分のNISA口座開設されることとなっている人(既にNISA口座を開設している人を含む)
  • とのことです。

    予約申込みしたら、
    10月中旬以降に「勘定変更依頼書」が届くので、
    それで正式に申し込むという形のようです。

    実際につみたてNISAの予約をやってみた

    手続きはログイン後の画面からできるとのことで
    早速やってみました。

    ログインしていると、以下のボタンが現れるので
    そちらから手続きを進めます。

    予約申込み画面になるので、
    必要事項を記入、確認。

    で、完了…。

    予約は超カンタンでした。

    あとは「勘定変更依頼書」が届くのを待つだけです。

    つみたてNISAの投資商品をどうしようか

    実際につみたてNISAが始まるのは
    来年の1月からですので、
    今は楽しみに待つだけですが、
    どういう商品に投資するかは、
    あらかじめなんとなくでも決めておくと
    良いかなと思います。

    まだ予定ですが、SBI証券のつみたてNISAの
    商品リストがこちらのページにあります。

    主要な低コストインデックスファンドは揃っていますね。

    その他のアクティブファンド、バランスファンド等は
    一番下の「その他アクティブ運用投信」に
    まとめられています。

    どのファンドでいくかは人それぞれですが、
    上記のつみたてNISAメリット、デメリット記事でも指摘したとおり
    「スイッチングしにくい」ため、最初の選択が重要になりそうですね。

    ただ、そうはいってもそんなに深刻に
    悩む必要も無いと思います。

    長期分散投資のための投信を決めるステップは単純で、

  • アセットアロケーション(資産配分)を決める。
  • それに沿った低コストファンドをアレンジする。
  • これだけです。

    人によってはアセットアロケーションを
    ポートフォリオとも呼びますが、
    呼び名なんてどうでもいいんです。

    要は、古典的な資産であれば
    日本株に何%、先進国株式に何%、新興国株式に何%、
    国内債券に何%、先進国債券に何%、
    というのを決めればいい。

    決めたら、例えば日本株式だったら、
    日本株式に分散投資するインデックスファンド
    (例:たわらノーロードTOPIX)を、
    決めた比率だけ買う。

    以上です。

    これが、基本の考え方です。

    細かいことを言えば、実質コストがどうこう、
    というのはあるものの、幸いつみたてNISAで
    投資できるファンドは間違いなくローコストですので、
    あまり悩まなくてもいいと思います。

    「投資家コスト」を考えて

    ただですね。

    理屈では各資産クラス毎の
    インデックスファンドを買えばいいだけなんですが、
    それをやると、メンテナンスが結構面倒になります。

    特に、2017年からiDeCoが始まり、
    2018年からつみたてNISAが始まり…
    と、管理すべき口座数もだんだん増えています。

    となると、各口座にファンドが数本ずつあって、
    全部で10数本のファンドを管理するとなると、
    ちょっと頭が痛くなってくるんですよね…。

    できなくはないんですが、
    シンプルに長期間続けることを考えたいなら、
    バランスファンドも有力な選択肢になるはずです。

    SBI証券のつみたてNISA用ラインナップで言えば、

  • たわらノーロードバランス(8資産均等型)(0.2376%)
  • iFree 8資産バランス(0.2484%)
  • <購入・換金手数料なし>ニッセイインデックスバランスF 4資産均等型(0.3672%以内)
  • 野村インデックスファンド・内外7資産バランス・為替ヘッジ型(愛称:Funds-i内外7資産バランス・為替ヘッジ型)(0.54%以内)
  • 三井住友・DC年金バランス50(標準型)(愛称:マイパッケージ)(0.2484%)
  • SMT 8資産インデックスバランス・オープン(0.54%)
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(0.2376%以内)
  • 世界経済インデックスファンド(0.54%)
  • などでしょうか。
    ()内は信託報酬割合。

    各資産クラスの配分バランスは、
    ファンドによってそれぞれですので、
    各目論見書を参考にしてください。

    また、これ以外にもバランスファンドはありますので、
    SBI証券のラインナップや、各運用会社のラインナップも
    チェックしてみてください。

    僕個人的にはつみたてNISAは(面倒なので)
    バランスファンドでいいかなと思っていますが、
    債券を含めるか、債券は別にするかで悩んでいます。

    もう少し、悩んでみます。

    SBI証券のつみたてNISA予約開始 まとめ

    来年から始まるつみたてNISAが、
    そろそろ始動し始めた感じですね。

    また時間がありますので、
    少しずつ勉強しながら、
    準備を始めてみてください。

    「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です