マネープレスのクレカ記事にコラム寄稿しました。

こんにちは、林です。

マネープレスの記事
クレジットカードを即日発行したいなら!今すぐ作れるクレジットカードおすすめランキング(マネープレス)にコラム寄稿しました。

よかったらご笑覧ください。

クレカ活用法について補足

当サイトにもクレカ活用記事があります。

初心者でもできる資産形成に役立つクレジットカード活用法まとめ。節約は資産形成の王道です。

マネープレスのクレカ記事との違いは
「徹底的に効率にこだわっていること」。

要は得をするためのクレカ活用法なんですが
マネープレスの記事の方は「即日発行」等
利便性を訴求していて、いろんな種類の
カードが入り乱れています。

マネープレスの記事で
ちょっと気をつけて欲しいのは
「キャッシング専用カード」も
含まれていることです。

結局クレカもローンも同じなんですが
キャッシング専用カードは利用の度に
必ず「利息」が付きます。

(キャンペーンや条件によってはつかない場合もあるようですが)

対して、いわゆるクレジットカードの場合は
一括返済を選択する限り、利息は付きません。

こうした違いを知っておくだけでも
役に立つはずです。

クレジットカードは「借金」であることを自覚しよう

ネットのどこかで見かけた話ですが
「クレカの利用枠が増えたら喜ぶ」
若い人が増えているそうです。

なんだか自分の使えるお金が
増えたように感じるそうですが
決してそんなことはありません。

利用枠が増えるということは
単に借金の総額枠が増えただけであり
あなたのお金が増えるわけではありません。

むしろ、利用が増えれば増えるほど
利息もかさみますので現実のお金は
出ていくことになるでしょう。

またリボ払いの利用者も増えていますが
リボ払いによる利息総額を
一度きちんと計算しておきましょう。

例えばこちらのようなサイトで
簡単に計算することができます。

リボ払い金利総額計算(消費者金融豆知識)

借入れ50万円、金利13%、月々返済1万円のリボの場合
支払利息総額が22万円を超えます。

「え?13%なのに元本の44%を超えている!!?」

はい。

リボの場合は返済が長引きがちだからですが
何も考えずに利用すると、こういうことになります。

もちろんこの利息は完全に合法です。

全て理解した上で意図的、
計画的に使う分には問題ありませんが
知らずになんとなく使うと痛い目に
あいやすいのが借金の世界。

クレカも同じことです。

「ご利用は計画的に」とは
つまりこういうことなのです。

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。