資産形成のための、知らないと損をするクレジットカードの選びかたと作り方

資産形成のために支出額を減らしたいなら、
クレジットカードも賢く利用すべきです。

ただ、クレジットカードの種類は多すぎて、
全部書いてたら確実にワケわからなくなります。

ということでここは一つ投資ブログらしく(?)還元率、
つまりどれが一番お得かでシンプルに比較したいと思います。

ネットでよくある比較サイトでは絶対教えない、
「最もお得にカードを作る方法」もご紹介します。

「クレジットカード」はついつい使ってしまう?

「クレジットカードがあると、ついつい使ってしまう」

という人がいるというのをよく聞きますよね。

残念ながら、実際にそんな人をお見かけしたことが無いのですが…。

実際クレジットカードを使ってきちんと節約している方は、
「クレジットカードがあるから使い過ぎる」ということはありませんし、
クレジットカードから上がってくる明細を見て
支出をキッチリ把握し、むしろ支出を抑えているようです。

もしかして「ついつい使ってしまう」という人は、
もともと浪費癖があることをクレジットカードのせいに
してるだけなのかも知れませんね。

おそらくそういう人はクレジットカードなんてなくても
お金をあるだけ使ってしまうのでしょう。

だとすると、クレジットカード以前に
まずは支出コントロールの力をつける必要があります。

支出コントロールに役立つ無料のサービス、
マネーフォワードがありますので
うまく活用してまずはしっかりと家計を把握しましょう。

2014-07-05 17.00.51

マネーフォワードは秀逸だけど気をつけたい3つのこと

マネーフォワードとクレジットカードの組み合わせは最強ですので
クレカ使う方もマネーフォワードを併用すると
管理が超楽ちんになりますよ。

クレジットカード還元「額」比較

ここでは単純に「還元率」で比較するのではなく、
利用額に応じた「還元額」をガチで比較していきます。

還元額で比較する場合、今回の役者はこちら。

  • リクルートカード   : 還元率 1.20%、年会費無料
  • REXカード Lite   : 還元率 1.25%、年会費無料
  • REXカード      : 還元率 1.50%、年会費2,500円(初年度、50万円以上利用の場合は無料)※2015/10に還元率が改定(低下)しました
  • リクルートカードプラス: 還元率 2.00%、年会費2,000円

です。

これらが還元率トップクラスですので、
これ以外のカードは今のところ無視して構いません。

早速カードの還元額をグラフで比較してみました。

2015-08-14 17.12.28

REXカードは50万円利用で年会費2,500円が無料となるので、
そこで還元額が2,500円アップしますが
残りの2枚はそれがありません。

このグラフをみると分かりますが、
意外とREXカードの還元額が渋い
ということ。

他のより有利な部分は少なく、
REXカードが有利とは言えません。

ですので、REXカードではなく、
REXカードLiteか、それと同等の
リクルートカード・リクルートカードプラスを
選択しましょう。

資金管理、支出コントロールのためのカード利用ですので、
還元狙いのために利用額を50〜80万にもっていくのは本末転倒です。

したがって、REXカードは実はあまりいい選択とは言えないんです。

意外でしたね。

年間27万円以下ならREXカードLiteで決まり、
27万円以上であればリクルートカードかREXカード、
ということになりますが、もう一つ重要な点があります。

還元方法を確認しましょう

確かに還元額だけを見るとリクルートカードプラスは素晴らしいんですが
問題もあって
「還元(リクルートポイント)はリクルートの提携店で使う必要がある」
ということ。

REXカードLiteは実質キャッシュバックなんですが、
その点リクルートカードプラスは制約が大きいです。

リクルートポイントが使えるサービス一覧を
リクルートポイントのサイトでチェックしてください。

このなかで、あなたが使いそうなサービスがなければ、
そもそもリクルートカードは選択肢に入りません。

以上をもとに、最適なカードを選ぶ
フローチャートはこのようになります。

2016-01-16 10.28.16

リクルートポイントが使えるなら、
REXカードLiteもリクルートカードも
還元額はほぼ同等です。

もちろん、クレジットカードには
還元率以外にもメリットの違いがあるので、
ライフスタイルに合わせて選択してください。

資産形成に役立つ最強クレジットカードの選び方 まとめ

ここまでしっかり読めば、
あなたが一番得をするカードはもうおわかりですね!

長くなりましたので最後にまとめておきます。

1. あなたに最適なカードを選ぶ

リクルートポイントのサイトでリクルートポイントが使えるサービスをチェック。
以下のフローチャートであなたに最適なカードを選択しましょう。

2016-01-16 10.28.16

選択肢は以下の二つだけです。
シンプルですね!

2. REXカードまたはREXカードLite がお得と判断したなら

REXカードまたはREXカードLite公式サイト

3. リクルートカード(プラス)がお得と判断したなら

リクルートカード(プラス)公式サイト

それぞれのサイトからクレカを
申請してください。

なお、キャッシュバックなどは時期によって
やっていたりやっていなかったり、
また金額や還元率なども変わりますので
必ず各公式サイトでチェックしてください。

以上、高還元率カードを活用して、
効果的に支出を減らしていきましょう!

飛行機を使う予定がある人は、
少し応用して「陸マイラー」を目指せば
さらにポイントをお得に活用できます。

あくせくしない「のんびり陸マイラー」は
こちらの記事でどうぞ。


普段の生活でのんびり、ちゃっかりANAマイルを貯める「ミニマム」な方法まとめ

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。