まだ変額年金保険なんかに手を出してるんですか?ダメですよ。

こんにちは。林FP事務所の林です。

「うわぁ、こんなにお得な商品があるなんて!」

変額年金保険を喜んで
契約した方から聞かれる感想です。

死亡時の保障は付くし、過去の実績から
年◯%の利回りで満期時には元本を上回って…
という想定の話でワクワクする。

とまぁ、そういった商品ですが、
でもそれ、ほんとにあなたのための
商品ですか…?

資産構築メルマガ

利益相反は常に存在する

変額年金保険については、過去記事で
検証したことがあります。


変額保険はあくまでも保険で、決して運用ではないということを確かめた一件。

結論だけ抜粋すると、推定されるコストだけでも
これだけの数字になっていました。

運用利回り 0.0% の場合

経過年数 保険料累計(万) 解約返戻金(万) 理論資産額(万) 経費(万) 経費年率(単利)
5 125 70 125 -55 -8.8%
10 250 161 250 -89 -3.6%
15 375 238 375 -137 -2.4%
20 500 312 500 -188 -1.9%
25 625 381 625 -244 -1.6%
30 625 325 625 -300 -1.6%
運用利回り 7.0% の場合

経過年数 保険料累計(万) 解約返戻金(万) 理論資産額(万) 経費(万) 経費年率(単利〜複利)
5 125 86 145 -59 -8.1%
10 250 232 345 -113 -3.3%
15 375 418 628 -210 -5.5%
20 500 674 1025 -351 -4.0%
25 625 1028 1580 -552 -3.0%
30 625 1376 2363 -987 -2.0%

30年で経費が1000万円近くですか…。
中古市場なら、家が1軒、買える金額ですね。

資産額に対して、ものすごい額の
経費になっていることが
お分かりいただけると思います。

信託報酬も込みの経費と思われますが、
30年間、2%もの経費がかかり続けては
さすがに話になりません。

相変わらず、変額年金保険がお勧めと
いっているFPなどもいますが、
手を出したらダメですよ。

変額年金保険の仕組みが悪いと言っているのではなくて、
見えにくいコスト構造が問題なんですね。

結局、売り手がかなり儲かる
商品になっている可能性が濃厚で、
契約者のメリットはほとんど見受けられません。

「死亡保障が付いているから」

と反論されるかもしれませんが、むしろ長期間、
死亡保障額が一定というのは、アウトでしょう。

通常、必要保障は年を追うごとに減るはずです。
FPなら誰でも知っている話です。

このような経済合理性の極めて低い商品を
FPが斡旋・販売する事自体、信じられませんが、
まぁ現実はお金の専門家ではなくて
お金「儲け」の専門家というところでしょうか。

以前、こちらの商品についても
警告しましたね。


https://h-fpo.com/?p=6930

物事の本質は、同じことです。

手を変え品を変え、同じことが
ずーっと行われています。

アドバイスですが、
簡単な対策があります。

商品コストについて詳細を開示できない金融マンや
FPの言うことは聞かなくてOKです。

金融商品を斡旋、販売するのに、
その手数料やコストを隠すというのは、
とても誠意ある態度だとは思えません。

誤解のないように加えておきますと、
僕は儲けちゃいけないと言っているのではないんです。

そりゃ商売ですから、
正当な対価を得るのは当たり前の話です。
子どもじゃないんですから(笑)

でも「正当な対価」というならば、

「これこれこういうサービスや商品の対価として、これだけの報酬を頂きます」

と言って、金額を明らかにし、正々堂々ともらえばいいんです。

それでお客様が納得しなければ、
しょせんそういう商品ということでしょう。

100歩譲って、この条件なら検討してもいいかも…?

  • 変額保険のコスト構造を開示してくれる
  • 変額保険販売による手数料を開示してくれる

もしそこまでやってくれるようなFPであれば、
信頼出来るかもしれません。

米国(?)だったか、記憶が曖昧ですが、
手数料も開示して契約するなら、
相談料という扱いが認められる
という国もあるそうですから、

商品手数料を開示できるなら、
それはそれでOKなのかもしれません。

ただ、変額年金保険のコストを目の当たりにしてしまったら
恐らく契約する気になれなくなるとは思いますが…。

まずは確定拠出年金で。

変額年金保険といっても
中身は普通のインデックス運用ですから、
なにも特別なものではありません。

普通の人が、普通の証券会社で、
できる話です。

では少し工夫して、2017年からは
個人型確定拠出年金の適用条件も
拡大するので個人型確定拠出年金で
運用してみてはどうでしょうか。

個人型確定拠出年金のメリット、デメリットは
こちらの記事にまとめましたのでご覧ください。


https://h-fpo.com/?p=4235

運用管理機関(口座)にもよりますが、
基本的に変額年金保険と同じことができますので、
大丈夫です。

とにかく一番のメリットは節税です。

  • お金を出す(拠出)時、所得控除できる
  • 運用中、確定利益は非課税
  • 給付時、退職金か年金扱い

節税のメリットを、なめたらいけませんよ。

節税だけで、年1%とか、2%とか、3%とか、
(※ 収入や拠出の条件によります)
それぐらいの運用益の向上効果が見込めますので。

これ、変額年金保険で追加のコストを取られるのと、
節税効果で1%とか、2%とか、3%とかの
ボーナスが付くのと、どちらが成功しやすいか
って話です。

それはもう、考えるまでもないですよね…。

よく、保険のセールスでは

「強制的に貯めて(運用)するから、つい使ってしまう人に向いている」

といいますが、それ、確かに僕もそう思います。

だから確定拠出年金にしてください。

確定拠出年金なら、
原則60歳まで払い出しできませんから、
つい使ってしまうのを防ぐメリットも享受できます。

変額年金保険なんかに
手を出しちゃダメですよ。

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。