NISA、ETF、ファンド。バリュー平均法なら「なに」を「どこ」で投資すればいいの?

長期投資向けファンドとETFの比較(その1)
長期投資向けファンドとETFの比較(その2)
に書いたように毎月積立ならファンドが利便性で有利なんですが、

バリュー平均法は自分でそのつど売り買いするので
ETFも断然、選択肢に入ってくるはずです。

ETFへの投資を前提に、もう少し深堀りしてみました。

資産構築メルマガ

ETF、ファンド比較表

長期投資向けファンドとETFの比較(その2)で掲載した
比較表をもう一度掲載します。

etf4

この比較によると、債券クラスは国内、海外とも
ETFにメリットがありません。
国内債券ETFは設定がありませんし、
海外債券ETFは購入単位が大きすぎます。

ということでETFの選択肢は国内、海外の株式クラスとなりますが
いずれも購入単位は特に問題はなさそうです。

また投資額が大きくなれば、長期的なコストを抑えるために
海外ETFも視野に入れていく必要があるかもしれませんが
現段階では国内ETFと海外ETFの信託報酬の差は0.1%未満ですので
焦って海外ETFに飛びつく必要はないと思います。

国内ETFの流動性を気にされる方もおられるようですが、
マーケットメイクで最低限の流動性は確保できますし、
今後ETF市場が拡大していけば流動性は高まっていきますので
長期的には解決していくと予想しています。

経済危機時に狼狽売りしたいというような目的でもなければ、
普段はマーケットメイクの流動性で十分かと。:p

危機時はむしろNAVより安く買えてお得かも知れません。

ということで、株式クラスの国内ETFを
みていきましょう。

日本株式クラスのETF

日本株式クラスにTOPIXを採用するというのも、
問題ないでしょう。
むしろMAXISトピックス(1348)は
信託報酬が0.0819%とダントツに低い
ので
投資対象としての魅力は大きいです。

逆にiシェアーズ日経225(1329)とかだと信託報酬が0.17%と
MAXISトピックスの倍以上のコストがかかるので
オススメできません。

日本株クラスは

  • 1348 MAXISトピックス上場投信

で決まりでしょう。

次に海外株式クラスには大きく先進国と新興国がありますが、
ここではいずれもiシェアーズを取り上げました。

以下、先進国と新興国それぞれについて検討します。

先進国株式クラスのETF

がありますが、いずれも信託報酬0.25%と横並びです。
コスト的にはどれでも構わないのですが、

1581 iシェアーズ先進国株ETFの売買単位が1口と小さく、
少額からポートフォリオを組めるのでこのなかではお勧めです。
(他2つもそれほど購入価格は大きくないですが)

純資産総額で見ると
1550 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)上場投信が200億弱、
1581 iシェアーズ先進国株が500億弱、
1680 上場インデックスファンド海外先進国株式が75億と
こちらも1581 iシェアーズがダントツで大きいです。

ただ、市場の流動性の観点からは、1550 MAXISが多いようで、
これはカブドットコムのフリーETFの影響もあるかな?
と思います。

ということで先進国株式クラスETFは

  • 1581 iシェアーズ先進国株ETF(MSCIコクサイ)

か、流動性重視なら

  • 1550 MAXIS海外株式(MSCIコクサイ)

がおすすめですね。

新興国株式クラスのETF

の二つがありますが、信託報酬で見ると
1582 iシェアーズエマージング株ETFの方が低コストです。

ただ、インデックスの内容が少々、異なります。

MSCIエマージングと、MSCIエマージング「IMI」の違いで、
IMI=Investable Market Indexとなっています。

この違いを端的にいえば、
より時価総額の小さい銘柄も含みますよということです。

これにより
MSCIエマージングはは新興市場の時価総額の約85%をカバーし、
MSCIエマージングIMIは同時価総額の約99%をカバーする
という違いがあるようです。

小型株のパフォーマンスは中・大型株より相対的に高いという
アノマリーもありますので、IMIの方がもしかしたら良いかも知れませんが。

MSCIエマージングとMSCIエマージングIMIの違い

2014-07-15 19.53.42

まぁ、価格推移を見ても、

視力検査ですか?

というぐらいの違いしかありませんので
おおらかな人はどちらでもいいと思います。

1582 iシェアーズエマージング株ETFの資産額は5,000億以上と
こちらも申し分ありません。

ということで新興国株式クラスはコストの安い

  • 1582 iシェアーズエマージング株ETF(MSCIエマージングIMI)

がいいと思います。

NISAの優位性とロケーションの考察

売買手数料と配当(分配金)に関してはNISA口座が有利です。

配当に対する非課税効果

ETFは配当の自動再投資ができません。
これはファンドにはないデメリットになります。

例えばMAXISトピックス上場投信の配当実績は

2014-07-16 8.59.47

のようになっています(MAXISトピックス上場投信2014/06月報より抜粋)。

2013年度は790+850=1,640円/100口の実績で、
2014/01時点の市場価格約1,200円から計算すると、

1640 ÷ (1200*100) = 1.36%

の配当金となります。

課税口座の場合、配当金に20.315%課税されますから

1.36% x 20.315% = 0.276%

の課税となります。
信託報酬コストを0.1%単位で削っている世界で、
これは結構大きな額ですよね。

NISA口座を使えば配当も非課税となるので
自動ではないにしても、手動で再投資すれば
課税コストを避けながら効率よく増やしていくことが可能です。

2015年からNISAの最大投資枠が200〜300万に
拡大されるとの情報がありますので、これが実現すれば
NISA口座で実践的な資産運用が可能になりますね。

売買手数料無料の効果

ETFには証券会社の売買手数料がかかります。
例えばSBI証券だと20万まで185円ですから、往復で

185 x 2 ÷ 20万 = 0.185%

となり、こちらも見逃せないコストですよね。

NISA口座では売買手数料を無料としている
証券会社がいくつかあります。

最もアグレッシブなのは松井証券で、
現行のNISA制度の元で恒久的に
売買手数料を無料としています。

ちなみにSBI証券、楽天証券は2014年のみ、手数料無料。

そんなんでどうやって儲けるの?

と逆に心配になりますが、
そんな心配を我々がする必要はありませんので、
ガンガン使わせていただきましょう。

ETFであればどの証券会社で買っても同じなので
基本は手数料の安いところがいいですね。

NISA証券会社を選ぶポイントは

  • 1度NISA口座を開設すると4年間変更できないので選択は慎重に
  • 商品ラインナップをチェックして。松井証券はETFは扱うが、ファンドの取り扱いはありません。

例えばETFは松井証券、ファンドはSBI等のように
使い分けが出来ればベストなんですが…。

現行NISA制度ではひとり1口座しかNISA口座をもてないので
不便なんですが、将来的には複数(最低、2口座は)扱えるように
制度変更して欲しいところですね。

あとNISAとは別に、カブドットコム証券が
「フリーETF」としていくつかのETFの設定を無料にしています。

もちろんカブドットコムにもNISA口座はありますので
合わせて使う、という選択肢もアリですが、
残念ながらフリーETFはMAXISシリーズがメインですので
(当たり前ですが、MUFGグループの囲い込み戦略)
上記のようにiシェアーズを狙うなら
結局、松井証券のNISA口座がベストになります。

バリュー平均法の投資先まとめ

バリュー平均法に適した投資商品を検討してみました。

まとめると

バリュー平均法に適したETF商品(国内)

さらに中・小型株への投資もするなら

を加えてもいいと思います。

債券クラスのよいETFが見つからず、
株式クラスよりもコストが高めという
少々もどかしい結果となりました。

国内債券クラスに関しては
2015年に物価連動国債の個人向け譲渡が解禁になりますので
それまで待ってから判断してもいいかも知れません。

もちろん、上は典型的なポートフォリオに必要な資産クラスであり、
凝ったことをしたいのであればさらに他のファンド、ETFも
調べる必要がありますが、基本の分散投資はこれらで完成します。

バリュー平均法に適したロケーション

バリュー平均法は大きく利益が出た場合に売ることもあるので
確定拠出年金や来年から購入枠が拡大される(らしい)NISA口座などの
非課税口座を積極的に活用することでより高いパフォーマンスを目指せます。

上のファンド・ETFなら確定拠出年金口座で運用できる商品との親和性も高いので
売りだけを確定拠出年金口座で行なう「合わせ技」が使えるという
大きなメリットもあります。

ただし注意して欲しいのは、現行NISA口座は
あくまで「5年間非課税」なだけです。

長期投資は10年、20年継続するものですから、
最初の5年だけ有利でも、トータルで不利になってしまう可能性は
頭に入れておく必要があります。

現行NISAがそのまま変わらない、という前提条件なら
10年以上の長期投資ではやっぱりファンドに優位性があります。

そのへんが、やはり流動性の低下に繋がっている面は
否めないですかね…。

手間を惜しまないなら、
最初の5年間はNISA+ETFで、その後ファンドにスイッチする
という手も考えられますけどね。
通常とは逆方向ですけども。

ベストロケーションに関して、以下の記事でコスト分析していますので
併せて参考にしてください。

証券会社の手数料を徹底的に比較しました。

「ゼロから資産形成したい」なら、無料メルマガで学ぼう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。